1.「KYコーパス」の利用規約

タグ付きKYコーパスは、元データとして「KYコーパス」を利用しています。タグ付きKYコーパスの利用にあたっては、以下のKYコーパスの利用規約に同意していただく必要があります。 なお、以上の3点を遵守しないことによって発生した問題に対しては、使用者である私がその全責任を負います。

2.論文などで公表する場合

タグ付きKYコーパスを利用して,論文や記事を執筆される場合は必ず本システムを利用した旨を明記してください。
例)「本研究では、タグ付きKYコーパス(http://jhlee.sakura.ne.jp/kyc/)を利用しました。」